DCCサプリで効果的に筋肉がつく筋トレと飲むタイミング@減量効果なし?


若い頃鍛えた体も衰えて、今ではすっかりぽっちゃり体型になってしまったあなた。そんなあなたが昔のような若々しい引き締まった肉体を取り戻すための手段は筋肉を鍛えることしかありません。

 

筋肉を鍛えたい人が取り組むべきなのが、いわゆる「筋トレ」です。自分の筋肉に負荷をかけていじめ抜いて鍛えていくわけですから、正直その道は決して楽ではありません。
そこで、筋トレを進めて行く人の強い味方となってくれるのが、ビルドアップサプリのDCCディープチェンジクレアチン。今回はそんなDCCサプリの効果的な使い方、そしてDCCサプリを使う事で減量が可能なのかどうかをまとめてみました。

 

【目次】
1.筋トレのお供にDCCサプリ!
  1-1 筋トレで筋肉をいじめて大きくしよう!
  1-2 DCCサプリの特徴
2.DCCサプリの効果的な筋トレ法、飲むタイミング
  2-1 DCCサプリを使って効果的に筋トレ!
  2-2 筋トレをしない日はDCCサプリは不要?
3.DCCサプリを飲みつつ減量はできるの?
  3-1 脂肪と筋肉の関係
  3-2 減量も期待できる運動
4.DCCサプリ(ディープチェンジクレアチンサプリ)と筋トレまとめ

 

>>筋トレを効率的にするサプリが必須!DCCディープチェンジクレアチンはコチラ!

 

1.筋トレのお供にDCCサプリ!クレアチンを上手く使おう!

◆筋トレで筋肉をいじめて大きくしよう!

 

筋トレをした時に筋肉が発達する理由、それは筋肉に「超回復」という働きが備わっているためです。筋トレは超回復という働きを利用して筋肉を発達させる行為になります。では、超回復とはどういった働きになるのでしょう?

 

筋肉に重い負荷がかかると、その負荷によって筋肉を作っている筋線維と呼ばれる組織が破壊されます。筋線維が破壊されると、体はただちに破壊された筋線維の修復に入り、破壊された筋線維が回復するには大体24〜48時間程度の時間が必要です。その後、破壊された筋線維が修復される段階で面白いことが起こります。それは体が今度は同じような負荷を受けても筋肉が破壊されないようにと、破壊される前よりも強靭な筋線維を作り上げるんです。つまり筋肉には破壊されて、それが修復された結果、以前よりも強い筋肉を作り上げる仕組みが備わっており、これが「超回復」と呼ばれています。

 

 


そのため、筋トレで故意に筋肉に高い負荷をかけていじめてやることで筋線維を破壊することができるので、強制的に超回復を引き起こす事ができるんです。この「筋トレ⇒筋肉の破壊⇒超回復⇒筋トレ⇒筋肉の破壊…」というサイクルの繰り返しで、更に強い筋肉へとパワーアップしていきます。

 

 

◯クレアチンの誇る筋トレ効果

さて、上記で説明した筋トレについてですが、この筋トレの効果が弱いと筋肉を傷つけることができず、超回復も上手く行われないので筋肉は大きくなりません。そこで活躍してくれるのが、今回の記事のカギとなってくる「クレアチン」という成分です。

 

クレアチンにはアデノシン三リン酸を作る働きがあります。またなかなか聞きなれない言葉が出てきましたが、簡単に言うとこのアデノシン三リン酸を消費することで身体を動かす事ができるので、身体の活動力を増やすためには非常に重要な成分なんです。したがって、筋トレの際にクレアチンを摂取してやることで、摂取していない時よりも筋肉のエネルギー効率・持久力をアップさせてやることが出来るため、通常時よりもより負荷の高いトレーニングを実施することができるので、効率的に筋肉をパワーアップさせてやることが可能になります。

 

筋トレを効率的に進めていくために無くてはならないクレアチン。このクレアチンを配合しており、筋トレマニアの間で注目を集めているサプリメントがDCCサプリです。

 

公式サイト
>>あなたも筋トレマニアの仲間入り!DCCディープチェンジクレアチンはコチラ!

 

◆DCCサプリの特徴

 

◯クレアチンの補給はDCCサプリがおすすめ

 


DCCは「ディープチェンジクレアチン」という名の通り、クレアチンを豊富に含んでいるビルドアップサプリです。
クレアチンという成分は特別に珍しい成分では無く、人間の体を作っているアミノ酸の一種になり、普通に肉や魚といった食材にも含まれている事が多い成分です。筋トレでこれから体を鍛えていきたいという人であれば、クレアチンは1日で5g程度摂取することが推奨されていますが、この5gを食事だけで摂取するのはなかなか大変な事になります。例えば、クレアチン5gを牛肉で摂取しようとすると、何と1kg分ものステーキを摂取する必要があるので、これを継続するのは現実的にはかなり難しいと言わざるを得ません。

 


したがって、クレアチンを充分に摂取するには食事だけでなくサプリメントで補う必要もあるので、DCCサプリはとてもおすすめです。

 

 

◯筋トレの定番の成分!HMB,BCAAも配合

ちなみにこのDCCサプリ、何もクレアチンのみを配合しているという訳ではありません。クレアチン以外にも筋トレには良いとされている定番の成分も配合しています。

 

例えば、HMB。このHMBという成分は近年注目を集めている成分で、ロイシンと呼ばれるアミノ酸を体内で変換したものであると言われています。その効果としては主に筋肉の生成に利用されるのですが、以前のサプリメントではロイシンを配合することはあっても、変換後のHMBを直接配合することはあまりありませんでした。しかし、近年効率的な筋力アップを考えるなら、HMBを直接摂取した方が良いという考え方が出てきて、筋トレサプリメントにHMBが配合されるようになりました。

 

また、筋トレを語る上でのキーワードに外せないものとして「BCAA」という成分があります。BCAAはロイシン・イソロイシン・バリンという3つのアミノ酸の総称です。筋トレを考えるなら、摂取は必須と言ってよいアミノ酸がこの3つです。
この3つの成分で、筋肉の原材料である筋線維の元となる筋タンパク質の約35%を占めています。筋トレのことを考えるのであれば、BCAAも絶対に摂取する必要がある成分です。

 

本来こういった成分は単体で配合されていることが多かったのですが、なんとDCCサプリにはHMBもBCAAも配合されているんです。そのため、複数のサプリを飲む必要が無くオールインワンのサプリとなっているので、このDCCサプリは筋トレマニアからも評判が高いんです。また、これ以外にも効率的な筋トレのために摂取しておきたいオルニチン・アルギニンといった成分も配合されており、筋トレの栄養補給はこれ一つで十分といった充実度になっています。

 

公式サイト
>>筋肉アップ必須成分を網羅!DCCディープチェンジクレアチンはコチラ!

 

 

2.DCCサプリの効果的な筋トレ法、飲むタイミング

◆DCCサプリを使って効果的に筋トレ!

 

 

何となくDCCサプリを飲んで、何となく筋トレをやっているだけでは、それらの効果が最大限に発揮されることはなく、無駄になってしまいます。効率的に筋肉をつけたいなら、正しい筋トレのやり方を意識することは非常に大切です。

 

@筋トレの30分前にDCCサプリを飲もう!
DCCサプリは一度に推奨量を飲み切ってしまうのではなく、複数回に分けて飲むことがおすすめです。まず、筋トレを行う日は筋トレの30分前に飲みましょう。上記の通りDCCサプリにはクレアチンが豊富に含まれているので、筋トレの30分前に飲んでおくことで、始める頃にはサプリが消化されてクレアチンが体内に存在する状態になるので、筋トレのパフォーマンスを向上させてやることが可能になります。これで準備完了です。

 

 

A量より質!筋肉を正しくいじめよう!
さぁ筋トレを始めていきましょう!まずは際に注意したいポイントが一つ、それはむやみに回数だけを追い求めないこと。筋トレ初心者にありがちな傾向として、回数をこなさなくては効果は出ないんじゃないかと思い、ひたすら回数をこなすというものがあります。はっきり言って、筋トレで重視すべきは量よりも質。雑なフォームで10回腹筋するくらいなら、しっかりとしたフォームで3回腹筋した方が筋トレの効果は出やすくなります。
そこで、筋トレをする際に意識して欲しいキーワードが「ゆっくり」というもの。例えば、腹筋などをゆっくりやってみれば分かりますが、さっさと100回腹筋するよりも、10回お腹が痙攣するほどゆっくりと腹筋してやった方が、腹筋がつらく感じるはずです。ここで活躍してくれるのがDCCサプリの力。クレアチンにより身体の能力が上がっているので、より筋肉に負荷をかけることができるはずです。筋トレにはゆっくりやる方が負荷が上がるという特徴がありますので、筋トレをする際はゆっくり行うことを常に頭で意識しておきましょう。

 

 

B筋トレ30分以内にDCCサプリを飲もう!
え、運動前に飲んだのにまた飲むの?と思うかもしれませんが、運動後30分以内にDCCサプリを飲むことも非常に重要です。強い負荷をかけて筋肉をいじめ抜いた後は筋肉がボロボロに傷ついているので、優しく接してあげる必要があります。筋肉が修復しようと栄養を欲している状態になっているので、この状態の時に栄養を補給すれば筋肉の修復をサポートすることができます。そのため、効果的に超回復を行う事が出来るのと同時に疲労回復効果も得られるので、次の日にまで疲れを残さないようにすることができます。

 

 

C筋トレをした後はゆっくり休もう!
筋トレで注意しておきたいのが、毎日は行わないということ。勤勉な人や筋トレに熱心な人はついつい毎日筋トレを行ってしまいがちですが、休養を取る事はとても大切です。先ほど説明したように筋肉がパワーアップするメカニズムには超回復というものがあり、それが完了するまでには48〜72時間程度と言われています。その間はトレーニング前よりも強い筋肉を作り上げている期間なので、この期間中に筋トレを行ってしまうと、回復が中途半端な状態で筋肉を傷つけることになってしまうので、逆に筋肉を萎ませることになってしまうんです。そのため一度筋トレを行った後は、2〜3日ほど置いてからまた筋トレをしましょう。この休養期間中はバランスの良い食事をしっかりと摂ることが大切です。筋肉に必要な栄養がDCCサプリで全て摂れると言うのではなく、普段の食事と合わせて摂ることで効果を発揮してくれるので、そこは忘れずにしっかり意識しましょう。

 

 

※毎日筋トレを行う習慣をつけたいという人。
筋トレをやらない日を作ってしまうとサボっちゃいそうだから、毎日筋トレを続けたい…そんな方は部位を完全に分けて筋トレを行うのがオススメです。
例えば、1日目は腕立て、2日目は腹筋、3日目はスクワットと言うように鍛える部位をローテーションで変えるといった形です。これであれば、毎日筋トレをしても、負荷をかけている部位が異なってくるため、超回復が発生する前に筋トレしてしまうという弊害は避けることができます。

 


◆筋トレをしない日はDCCサプリは不要?

 

筋トレをしない日に飲んでも意味ないんじゃないの?と思う方もいるかもしれませんが、一概にそういう訳では無いんです。そんな日は朝一番にDCCサプリを飲んでみましょう。これによりその日の活動に必要なエネルギーを補給することができるので1日の動きが活発になることが期待できます。また、夜寝る前にも再びDCCサプリを摂取してやるのも良いでしょう。
DCCサプリに配合されているアミノ酸には疲労回復効果や神経を鎮静化させる効果を持つものがあります。したがって、DCCサプリを摂取してやることにより、その日の疲れを翌日まで持ち越さずに済みます。筋トレをした日のような筋肉に与える効果はあまり期待できませんが、毎日を精力的に生きていきたい!という方は筋トレをしない日に飲んでみるのもいいかもしれません。

 

公式サイト
>>筋トレするなら効率よく!DCCディープチェンジクレアチンはコチラ!

 

 

3.DCCサプリを飲みつつ減量はできるの?

◆脂肪と筋肉の関係

 

DCCサプリはあくまでも筋肉をつけるのをサポートすることがメインの目的となっているサプリで、ダイエットサプリのように体重を急激に落とすことを目的にしている訳ではありませんので、一部のダイエットサプリのような急激な体重減少はDCCサプリでは期待することはできません。
しかし、DCCサプリを飲みながら筋トレをして筋肉をつけてやることは、代謝をアップさせることにつながります。代謝がアップすることにより、日常生活の中で消費されるカロリーの量が増加するので、太りにくくて痩せやすい体質に自分の体を変えてやることが可能です。なので結果的に、ダイエットサプリを利用するよりも自然な形で体重が落ちて、引き締まった見た目になる効果は十分期待することが出来ます。

 

 

◆減量も期待できる運動

 

減量を目的として筋トレを行うなら、そのDCCサプリを飲みながらトレーニングメニューも減量に効果を発揮するものを中心に組み立ててやることが大切です。ここでポイントになるのが基礎代謝を上げる効果が高い部位を重点的にトレーニングしてやるということです。

 

◯太ももの筋肉を鍛えよう
基礎代謝を上げる効果が高い部位の代表には太ももがあります。太ももは人間の中で最も筋肉量の多い部分なので、ここを鍛えてやることは代謝をアップして脂肪を燃焼させやすい体を作る上では非常に効果的です。太ももを鍛えるスクワットを15回やった場合の代謝アップ効果と腹筋を500回やった場合の代謝アップ効果はほぼ同等と言われています。そのため、DCCサプリの力で筋トレの質を底上げするには打ってつけの部位です。ゆっくりを意識してしっかり負荷を与えましょう。

 

 

◯インナーマッスルを鍛えよう
インナーマッスルと言う言葉自体は聞いたことがある人が多いと思います。では一体どういった部分なのかというと、例えばものすごく重い荷物を持ち上げようとした時に、持ち上げる際の瞬間的なパワーを出してくれるのが身体の表面にある「アウターマッスル」という部分で、その荷物を持ち続けるためにアウターマッスルを安定させて支え続けてくれる役割を果たしているのが「インナーマッスル」です。つまり、インナーマッスルには人間が動く時の安定力、持久力をアップさせてくれる効果があるので、DCCサプリとの相乗効果で筋トレ時のパフォーマンスがアップし、より効率的に筋力アップを進めていくことが可能になります。

 

 

◯有酸素運動を取り入れよう
減量したいのであれば、筋トレとぜひ組み合わせて行うべきなのが有酸素運動です。主にランニングやウォーキングといった酸素を多く取り入れて、その酸素で体内の脂肪を燃焼させる運動を上げることが出来ます。筋トレなどの無酸素運動が、筋肉をつける⇒代謝を上げる⇒太りにくい身体を作る、というように段階を追って減量していくのに対し、有酸素運動は直接的に脂肪を減らす事ができるんです。

 

 

ちなみに、有酸素運動と筋トレを組み合わせて行ってやる場合、一つ意識しておきたいことがあります。それは有酸素運動と筋トレを組み合わせて行うのであれば、先に筋トレを行って、その後に有酸素運動を行うという順序で行ってやるということです。有酸素運動だけで脂肪を燃やそうとする場合、20分くらい有酸素運動を続けた後からでないと、脂肪を燃やす効果を持つ成長ホルモンが分泌しません。しかし有酸素運動の前に筋トレを行った後であればすぐに成長ホルモンの分泌が始まるので、有酸素運動を始めてすぐに脂肪を燃やすことが出来ます。

 

ランニングやウォーキングにももちろんDCCサプリの効果はあります。いつもより長い距離、長い時間活動することができるので、脂肪の燃焼にも期待できるでしょう。

 

公式サイト
>>太りにくく痩せやすい体質に!DCCディープチェンジクレアチンはコチラ!

 

 

4.DCCサプリ(ディープチェンジクレアチンサプリ)と筋トレまとめ


DCCサプリはクレアチンの力で筋トレの効果を非常に高めてくれるので、飲んでいる人と飲んでいない人では同じようにトレーニングをしていたとしても、DCCサプリを飲んでいる人の方がより負荷の高いトレーニングをこなしてやることが出来るため、筋力アップ効果が出るのが早くなります。

 

なお、筋トレをする場合は超回復という働きを利用しながら、2〜3日おきにトレーニングを行うようにするのが良いでしょう。そして、筋トレをする場合、筋トレを行う30分前にDCCサプリを飲んでやるのがポイントです。これにより、クレアチンが体内に豊富にある状態で筋トレにのぞむことが出来るため、より高い筋力アップ効果が期待できます。

 

また、DCCサプリを飲みながら、減量をしたいという場合は有酸素運動と組み合わせて筋トレを行ってやることが大切です。減量のための筋トレで意識したいポイントは2つ。それが太ももなど体の代謝をアップさせる効果が高い部位を重点的に鍛えること、もう1つは有酸素運動の前に必ず筋トレを行ってやり、脂肪が燃えやすくなった状態で有酸素運動をスタートするということ。この2点になります。

 

上記で説明したようなことを意識した上で、DCCサプリを用いて効率的に筋トレを進め、自分の求める肉体を追いかけていきましょう。